レインボー オブ ソロモンF2 【Rainbow of Solomon F2】

WBSABBY供給の西岸アレンカー・ラーゴソロモンのメス(ワイルド)と

オリジナルレッドターコイズ・ストレイン・RT05のオスによって得られたのが

”レインボー オブ ソロモン”となります。

こちらが西岸アレンカー・ラーゴソロモン メス(今回入荷魚F2の祖母にあたる)

以下は、上のラーゴソロモンから得られたF1達になります。

ロイヤルブルータイプ

ブルー系ソリッドタイプ、セミロイヤルタイプ

スポットタイプ(写真内の2個体)

以上ようにF1は様々な表現バリエーションに分かれた。

”虹のように多くの色(表現)をもつ”という意味で

こちのワイルドクロス魚は、”レインボー オブ ソロモン”と名づけられました。

F2の親となったレインボーオブソロモンF1 同士のペア メスは非常に美しいロイヤル個体

F2に至る事により、フォルムはダイヤモンド型になり洗練された印象に。

表現も細ストライプ・太ストライプ・ソリッド系の表現個体が得られている。

クリクリソロ、ソロ・レッドターコイズロイヤルともに

今後、ティッツェ氏のブラッドラインの中核を成す系統となります。

7