ロートターキスxコバルト クロス ジャンボサイズ7(推定メス)

ロートターキスxコバルト クロス ジャンボサイズ7(推定メス)

販売価格: 78,000円(税込)

希望小売価格: 78,000円

在庫なし
ピオワルスキー氏がコバルトターコイズのブラッシュアップのため
ブリードされたのがこのロートターキスxコバルト クロス
しかし、あまりの美しさに絶句です。
成長力も高く、更に非常に強健。
今回のピオワルスキー便で、大注目のディスカスになります!!

ピオワルスキー氏がコバルトターコイズのブルーディングにおいて
いかにしてこのロートターキスxコバルト クロスを用いたのか?
2009/11/25 に貰ったメールで説明してくれています。
このエピソードが非常に面白いものです。ご興味がある方はお読みください。

I breed the cobalt discus since 1998. I began with an old german strain, which I got from good friend of mine. He bought them from the german breeder Mr. Colle. (Mr. Colle stopped breeding about 6 years ago).
In 1999 I crossed this strain with another old german starin. The combination of this two strains brought very big discus with a very good form. Between 1999 and 2005 I breed many discus of this strain. In 2005 this strain nearly died out. Because of a mistake I didn´t kept a male.
With a trick I kept this strain alive. I crossed a female cobalt with a male red turquise. This crossing brings the discus I call red turquoise x cobalt. When you breed with two of this discus, you get 25% red turquise, 50% looks like the parents and 25% are real cobalt, like their grandma. This is only possible, because the two starins are very "clean" (I don´t know the english word for it).

私は1998年以来コバルトのディスアカスを繁殖しています。
私は私の親友から譲ってもらった古いドイツの系統から始めました。
彼のコバルトはドイツのブリーダーMr. Colleから買ったものです。
(コレ氏は約6年前=2009年当時 に繁殖を止めました)。
1999年に私はこの系統を別の古いドイツコバルトと交配しました。
この2つの系統の組み合わせで得られたコバルトは、非常に大型でフォルムの美しいものでした。

1999年から2005年の間、私はこの系統の多くのディスカスを繁殖させました。
2005年には、この系統はほとんど死にました。オス残し損じるというミスを犯してしまったからです。

あるトリック用いて私はこの系統を維持する事に成功しました。
私はオスの赤いロートターキスとメスのコバルトを交配させました。
この交配で得たディスカスが、ロートターキスxコバルトクロスとなります。

あなたはこのディスカスの同士のペアで繁殖すると
25%のロートターキス、50%の親と同表現個体群
そして25%の祖母と同じコバルトが出現します。
これは、2つの系統が非常に”ピュア”な場合可能となります。

商品詳細

サイズ(生体の場合全体長) 17cm前後

Facebookコメント