PSB培養キット(できたてPSB&ふやしてPSB 粉末タイプ50g) ※チャオチャオ培養PSB

PSB培養キット(できたてPSB&ふやしてPSB 粉末タイプ50g) ※チャオチャオ培養PSB

販売価格: 1,200円(税込)

希望小売価格: 1,200円

在庫数 1点

めだかマニアの間で大ブレークしたPSB培養にあなたも挑戦してみませんか?

弱臭タイプのPSB培養飼料のご紹介です。 PSBといえばあの臭い赤いバクテリア液体と思われている貴方

これまで指に付くと一日中気になっていた PSB独特のあの悪臭だけは耐え難いという方々の声に

お応えして 試行錯誤していた出来たののが、こちらの新しい培養餌料です。

 

従来のPSB培養セットの培養飼料そのもの匂いと比較して また出来上がったPSB培養液の匂いも

薄くなる仕様の 弱臭タイプのPSB培養飼料 ふやしてPSB粉末(薬剤)タイプ。

少し酸っぱい匂いがする白っぽい粉末の餌で 材料は薬品と食品材料10種類を調合したものです。

やがては生き物の棲む水槽に投入するものですから、 毒性のあるものは使っていません。

これを水で溶かしてPSBの餌にします。 粉末餌料50gを1リットルの水道水に溶かします。

 

 

その水溶液100ml、PSB種菌500ml、残りを水で希釈して 1リットルのPSBと餌の水溶液を作ります。

約2週間程、この水溶液を 暖かく明るい場所に置いておくだけで

※1リットルのPSBを作ることができます。 つまりこのPSB培養キットで10リットルのPSBを作ることができるのです。

※最少保証培養量になります。 条件次第でより多くのPSBを培養することが可能です。

最低培養倍率(2週間で2倍)の運用でも 約2カ月(2週間×4サイクル)で 以下のようにPSBが培養出来ます。

PSB種菌500ml→1リットル→2リットル→4リットル→8リットル 8リットルまで増えてしまえば

半分の4リットルは使用して残りの5リットルは種菌として 培養用に使えば良いですね。

 

 

チャオチャオPSB種菌500mlと粉末餌料50g入りのパッケージを組み合わせて 培養キットとして発売いたします。

ご自身で培養した活性度、緊密度が極めて高い できたてPSBをご利用になりたい また

PSB独自のあの強烈な匂いが嫌で触りたくないなどと お考えになっている皆様、

是非このチャオチャオPSB種菌(できたてPSB)と、ふやしてPSB粉末

(薬剤)タイプの キットを用いてPSB培養にチャレンジしてみてください。

 

※チャオチャオ培養PSBは、粉末餌料でのみ培養したPSBです。

色に強烈な濃さはないですが赤色が強く、臭気も抑えめの弱臭タイプです。

この種菌を粉末餌で培養すれば、同質のPSBが出来上がります。

 

PSBの増やし方

https://ciaociao-shop.ocnk.net/page/30

 

プロバイオテクスとプレバイオテクスについて

※製造元翠水様のHP“バクテリアについて考える”ページ 下から2項目目

非常にためになるページですので、是非他の項目も読んでみてください。

https://www.suisui52.co.jp/management/33874.html

 

 


Q&A 製造元様にお聞きした内容は以下の通りです。


●粉末餌水溶液の保管方法と使用期限は?

常温保存で現時点まで異変は起きていません。

当然ながら冷蔵庫内に保存したものも大丈夫です。

水道水で溶かしてお使いになる分には、多分1年くらいは常温で保存できると思います。

薬剤の溶解濃度が飽和状態になっていますので

一般的な細菌は浸透圧の関係で繁殖できないのではないかと想像しています。 


●自家培養したPSBの保管方法は冷蔵庫が無難ですか?

またPSBのおおよその使用期限は?

自家培養PSBの保存は冷蔵庫保管がベターですが

常温の環境でも、餌が多めに添加されているので

その分は菌は生きながらえることが出来ます。

活性が下がり、数が減少したPSB溶液は

徐々に色が薄くなっていくので、見た目にも分かります。

商品詳細

内容量 できたてPSB 500ml ふやしてPSB 50g
発送に際しての注意事項 クロネココンパクト対応 2セットまで梱包可能です。

Facebookコメント